• Hiro M

ブログを続けられない人が「ちゃんとしなくちゃ」を手放せる本 「書く習慣‐自分と人生が変わるいちばん大切な文章力」を読んで



ブレスワークをしたいという人の中には、起業をしたいので変わりたいんです!という方がいます。


それはそれでいいのですが、その後に多く来るのが「ブログやSNSで発信したいのですけど、続けられなくて・・・・」


いや、それ、ここだけの話、私には答えられないわ、ってことなんですよ~。


かくいう私、

これまでいくつブログつぶしたかな?


アメブロやったでしょ。つぶしたでしょ。

ライブドアブログやったでしょ。つぶしたでしょ。

某起業塾の中のSNSやったでしょ。つぶしたでしょ。


FBはあるけど、放置プレイ。

Noteは2つ記事を載せたな。久しぶりに開けたら6か月継続おめでとうとお祝いメールが来てたけど、ちゃんと書いてないし・・・

他にも覚えていないのがいくつかある。


ライティングの教室にも通いました。

新進の本屋さんがやっているライティング教室。

老舗の広告代理店がやっているライティング教室。

起業系サイトがやっているライティング教室。

他にもたくさん。


それこそ、10年以上も前からね。


私の場合、自分の日記は書けるのだけど、人に公開する文章を「習慣」で書けないんですよ。


続けられない。

ネタが切れる。

で、自分が嫌になる。


悪循環、続くって感じで。


だから、皆さん、私にブログやSNS書く云々の話しないでね~。

声がちっちゃくなりますから~。

部屋の隅っこに隠れたくなりますから~。

いなくなりますから!!!


と言っていられないなあ、と思っていたら、図書館で、この本を見つけました。


「書く習慣‐自分と人生が変わるいちばん大切な文章力 by いしかわゆき」



せめて、次にブログ、SNSが、って言ってくる人に何か失敗談以上の事を伝えたいな、と思ってね。


あわよくば私にもいいことが書いてあるといいな、と思ってね。


読んでみて一番に思ったのが、


あ、私自分を良く見せようとしていたんだ、ということ。


ちょっといい表現を探そうとか、かっこよく書かなくちゃいけないとか、意味があることじゃなくちゃ発信できないとか、いろいろ思っていた。


でもそんなこと思わなくってもいいんだって!!!


話に「落ち」がなくてもいいんだって!!!


作文では起承転結がなくちゃいけないんじゃなかったの?


しかも、ありがとうございました!でかっこよくまとめなくてもいいんだって!!!

眠くなったからこれで終わり、でもいいらしい。


はい?

はい?

はい?


そ、そうなの?


それに、


---------------------


「あのクソ野郎」に共感が集まる!?

もし失恋をしてしまったら、綺麗事にせず、正直に「あのクソ野郎」と書いた方が共感を呼ぶものになります。


それは、読まれる文章と、そうでない文章の違いは、


いかに「本音を晒せるか」

これがすべてだといっても過言ではないからです。P217


---------------------


らしいです。


確かに共感ねえ。

今は共感の時代だよねえ。

かっこよくまとめてようとしているから、書けない書けないってもがいていたんだ。


そうだったの?


いや「クソ野郎」と実際に書くかどうかは別にして、

人の心に響くってそういうこと?

書いていいの?


他にも、

時間がない人がどう書く時間を作るか、

どうやって平凡な日常を「ネタ」に変えるか、


など、書きたい人が書けるようになるネタがいっぱい。


ぜひおススメです。

あ、きれいにまとめようとした?(笑)



-----------------------


「書く習慣 自分と人生が変わる一番大切な文章力」


著者:いしかわゆき


発行:クロスメディア・パブリッシング

閲覧数:0回0件のコメント