​​はじめまして

はじめまして。クラリティブレスワークプラクティショナーの茂田博子(もだひろこ)です。


あなたは今、どんなきっかけでこのサイトに興味を持っていただいたのでしょう。毎日の生活で心の余裕がないかもしれません。人生に迷っていて考えあぐねているかもしれません。中には、よりよい人生を生きるために自分自身をよく理解し、さらに磨きをかけて、飛躍したい方もおられるでしょう。​

 

暗い闇の中から

私の場合、ブレスワークとの出会いはまったく偶然でした。30代の頃パニック障害になりました。当時アメリカ系の外資で通翻訳をしていたのですが、月に100時間以上の残業をしていました。電車の揺れがないと眠れず、週末まで会社に行き常に朦朧としていました。心も体もぼろぼろでした。そこに追い打ちをかけるようにオーストラリア人の上司が大量の翻訳を投げつけるように依頼してきました。それを機にドミノ倒しのように心が黒く塗られていきました。


そうやってどれだけ長い間真っ暗な闇の中にいたでしょう。今思うとぞっとします。少し元気になった頃からなんとかしなくちゃ私はダメになる!と自分を立て直すことを始めたのです。

 

いやしを求めて旅に

コーチングから始まって、NLP、クリスタルヒーリング、ボディワーク、ライトボティ瞑想などなど。どれもよかったのですが、なんとなく物足りなさを感じていました。もっと私にあったものはないのか。もっと心に響くものはないものか。そうしてアメリカで出会ったのがブレスワークでした。


人には自らをいやす力、自然治癒力がある、と言います。


でも現代人の私たちの多くはそのいやす力を最大限に発揮していません。


----------

「ブレスワークで行っているのは・・・

私たち誰もが持っている呼吸の力を最大限に使い、

心と体の状態を感じ、観察し、不要なものを捨て、
本来の力を取り戻すことです」

----------

単なるノウハウではなく、心の表面をひっかいて終わることでもありません。私たちが生まれながらにして持っている感覚を思い出すことです。


もしあなたが、すでに心のワークをご存知だとしたら、「自分が持つ可能性」という言葉の意味を改めて認識できるのではないでしょうか。


そして、ブレスワークを学び始めて少し経つと、一緒に学ぶ人たちの状況も目に入ってきました。アメリカ人とカナダ人の先生のもとには、様々な国籍、髪の色、肌の色、文化的違い、宗教的違いの生徒が集まってきていました。


みんな私と同じように毎日悩み、悲しみ、怒り、喜び、楽しさを感じていました。私の過去の苦しさは私だけではなく、みんなつながっていました。そして一人ひとりがブレスワークで自分の深い部分にふれ、いやされ不死鳥のようによみがえっていったのです。

 
 

人はいやされると変わる

ブレスワークを始めたのは自分のためです。立派な志やビジョンがあったわけではありません。ですが、先生の後について、アメリカをはじめとして、インドネシア、スペイン、コスタリカとブレスワークの勉強をしているうちにすっかりのめりこんでしまいました。


そして人がいやされる瞬間に多く立ち会ううちに日本でもブレスワークをできないだろうか、と考え始めました。


池袋でグループセッションを始めた頃、ブレスワークをするたびに体が膠着して重くなる方がいらっしゃいました。社会で生きていく中で、目に見えない重荷をしょっているその姿が違和感としてワークの中ででてきたのです。何回かブレスワークを行う中でその違和感がなくなりとても体のこわばりが取れるとともに、心も楽になりました。


自分の病気が治った途端にご主人の介護が始まってつらい思いをされていた女性がいました。ブレスワークの中で感じたのはとても平和な感覚でした。こんなに心が穏やかになったことはこれまで一度もなかった、と言っていました。

 
 

悩みから解放され、理想を叶える

私たちが生まれながらに持っている呼吸という力を借りてワークを行うだけで、悩みから解放されたり、理想を叶えたりすることができるのです。そして人生のいかなる場面においてもゆるぎない力を発揮することができるようになります。


アメリカをはじめ世界各国ではブレスワークは呼吸を使ったストレスリリースとして知られています。ブレスワークは、学校や職場で学ぶ機会がないから知らなかっただけで、少し学べばだれでもできるようになります。ですが、残念ながら日本ではブレスワークの認知度はまだ低く、一部の人にしか知られていません。


このサイトを読んでいただいている方にも、かつての私と同じように毎日悪戦苦闘し、自らの未来を切り開こうとしている方もいるでしょう。そんな方がブレスワークを体験すると、ご自身の核を発見することができます。自分に対する意識が変わり、人生をもっと楽に歩いていけるようになります。


いつか、あなたとご一緒できますように。そしてその時、あなたがブレスワークでどんな体験をされたのか教えてください。楽しみにしています。

茂田 博子

 
 

< 簡単なプロフィールのご紹介 >

茂田 博子
東京都生まれ、埼玉&熊本育ち

アメリカ、ドイツ系の外資系企業に長年勤務するなかで、ストレスから体調を崩した経験をきっかけにどうしたらもっと気持ちを楽に生きていけるのだろうとコーチング、ストレスリリースの方法について勉強をし始めた。

アメリカカリフォルニアのシャスタ山で開催されたクラリティブレスワークに参加し、Dana Delong とAshanna Solarisに出会い、人生の道筋がゆっくりと確実に変わってきたのをきっかけにプラクティショナーになるのを決心した。

インドネシアのバリ島で開催されたプラクティショナートレーニングで資格を取得し、今にいたる。


身体と心のバランスを整えるホリスティックな生活に興味あり。

クラリティブレスワークプラクティショナー(アメリカ、カリフォルニア州)
ハーバルセラピストJMHA日本メディカルハーブ協会
CTIコーチング(1-5)

 

これまで勉強してきたこと
考えていたことのごく一部

​1991年2月 英検1級

2002年09月 TOEIC960点

2004年10月 ファイナンシャルプランニング技能士2級

2007年12月 コーチングトレーニング
(Fundamentals of Co-Active Coaching, Fulfillment, Balance,
Process & Coaching In the Bones, CTI)

2012年03月&09月 クオンタムタッチ

2017年04月 クラリティブレスワークL1&2(アメリカ、シャスタ山)

2018年06月 ハーバルセラピスト(日本メディカルハーブ協会)

2018年04月 クラリティブレスワークL3&4(インドネシア、バリ島)

2018年10月 クラリティブレスワークアシスタント(スペイン、イビザ島)

2019年02月 クラリティブレスワークL5(コスタリカ、パチャママ)

2019年04月 ライトボディグラデュエイトセミナー(Duane and Daben, アメリカ、オレゴン)

2019年06月 ヘルスサポートキネシオロジーセミナー

2020年09月 Transmission 2020 (Lee Harris)

他内観、レイキ、NLP、クリスタルヒーリング等多数

 
  • Facebook

©2021 by アルーナブレスワーク