スピリットアニマルと出会う

最終更新: 2018年11月4日


ブレスワーク体験

ビーバーが住むドナウ川


あなたはスピリットアニマルを知っていますか。


一人に必ず一つ?一匹?はいるというアニマルだそうです。私が初めてスピリットアニマルという言葉を聞いたのはオーストラリアで、アボリジナルのシャーマンの儀式でスピリットアニマルを呼び出すそうです。だから何?それって何をするの?というのが私の感想だったのですが、スピリットアニマルはあなたと深く結びついているので、スピリットアニマルの状態を聞くと、あなたの体や心の状態がわかるとか。

なんだか眉唾ものだなあ、というのが私の感想でした。。。


先日アメリカ人のブレスワークプラクティショナーのジョンと一緒にワークをしたのですが、ジョンがスピリットアニマルの話をするので、根掘り葉掘り聞いてみました。


ジョンのブレスワークで今回表れたのは「蜂」と「ふくろう」。特にでてきた二つからメッセージはなかったそうですが、ジョンはスピリットアニマルの本を持っているので、「蜂」や「ふくろう」が何を意味しているのか本で調べてみたようです。


そういえば。。。ブレスワーク中ではありませんが、前にドイツのレーゲンスブルグという町に行ったときにドナウ川の岸辺で瞑想をしていたら、何かへんなぱたぱたする音がしたので、目を開けてみたら、ビーバーがいました。


ドナウ川にビーバー???尾っぽをぱたぱたして、私が座っているところから1メートルくらいのところで土をつついていました。写真を撮らなくちゃと携帯に手を伸ばしたら、もう消えてしまいました。。。


ジョンにビーバーの意味を調べてもらったら、目的を持って動く時期で、文句を言っているときではないと書いてありました。そうねえ。。。


私たちはみんな自分が考える世界に住んでいます。居酒屋が好きな人は街で居酒屋ばかり目につくとか。日常の中にもしかしてまったく考えてもいなかったサインが隠れているかもしれません。サインを受け取れるかどうかは自分次第。


ブレスワークでも気が付かなかった出来事、忘れていたけれど大切な過去に気が付くことができます。開放はそこから始まります。


たかが呼吸、されど呼吸。意識的に呼吸することでできることはたくさんあるのです。あなたもストレス開放テクニックのブレスワークを体験してみませんか。

2018年12月16日にブレスワーク体験ワークショップを開催します。ぜひご参加ください。

詳しくはこちらから

https://www.aluna.biz/

7回の閲覧