2019年3月30日のグループセッションのご報告


3月30日のグループセッションにお越しいただいた皆様お疲れ様でした。


今回のテーマは「父親とあなたの関係を探る」ということでした。


まず瞑想ではお父さんからのメッセージを受け取りました。


瞑想で今目の前にいない人からメッセージを受け取れるなんて不思議なことですが、私たちは無意識の部分で大切な人たちとつながっています。


本当は常にメッセージのやり取りがあるかもしれないのですが、常に意識しているわけではないので気づかずに見過ごしていることもあるのでしょう。


ですから今回の瞑想でお父さんからメッセージを受け取れて私もうれしかったです。



今回の参加した方の感想には皆さん「向き合う」という言葉が出てきました。


自分と向き合う、これは人によっては苦手なことかもしれません。

避けてきた記憶を手繰り寄せることになるかもしれないからです。


以前私は腰が痛くてブレスワークでなぜだろうと探していたときに、先生から言われた言葉があります。


この腰の痛みは、子供の頃におきた何かの出来事が原因なのですが、そのころ、自分は何が起こったのか理解することができませんでした。


子供としての脳が処理することができなかったのです。

だから当時何も見えませんでした。


すると先生が言ったのは、


「その出来事を脳が処理して理解できるようになるまで、身体の方に痛みを保存しておいて、理解できる年になったら手放せるようにしたのかもしれませんね。」


そうかあ、と納得したことを覚えています。


意図しなくて、身体ではなく心に保存してしまっていることもたくさんあるでしょう。


私の子供の頃のように理解できないことが起こると、その部分が真っ白になって記憶が欠落してしまいます。


でも精神的にも強くなって準備ができたときにちゃんと手放して、きちんと空白を埋めることができるのです。


大人になって、安全な場所で、気持ちが安定しているときに、ブレスワークで。


呼吸の癒しを受け取りながら。


ブレスワークはすごいな、とつくづく思います。


次回は4月21日(日)です。


詳しくはこちらから。

https://www.aluna.biz/