2019年3月23日のグループセッションのご報告


------------

3月30日(土)4月21日(日)のグループセッションのお知らせ


次回は「父親との関係を見直す」をタイトルにブレスワークをしていきます。あなたのお父さんはどういう人ですか。母親は子供が自分から生まれているので、子供を自分の延長と考える人もいますが、それとは違う関係が父親とはあります。


母親からは人間性、父親からは社会性を学ぶという考え方もあります。


あなたもこの機会に父親との関係をブレスワークで見直してみませんか。

------------


< 2019年3月23日(土)グループセッションのご報告 >


3月23日のグループセッションにご参加された皆様お疲れ様でした。


この日は桜も咲き始め、春の訪れを感じさせる日でした。


日本人と言えば、桜。

3月も末に近づいてくると、多くの人がいつ桜を見に行こうかな、とそわそわしだすのではないでしょうか。


この日の瞑想は、「もう一度生まれ直す」をいうテーマに「命」を主題にしてみました。

桜と日本人の死生観はつながっているような気がします。


私がこの瞑想を初めてしたときにも瞑想の中に桜がでてきました。


春の季節が巡るたびに、桜の短い命を思い、「今精いっぱい生きていますか」と問われているような気がします。



さて、1時間のブレスワークでは多くのものを手放していきます。


呼吸をしながら手放すものは過去の記憶だったり、身体の感覚だったり。

はっきりと意識があって、手放すことができると「ブレスワークした感」があると思いますが、意識がなくても、手放せていることは確かです。


なぜそこまで断言できるかというと、ふっとした瞬間に証拠がやってくるからです。

例えば、苦手だった人が向こうから話しかけてきたり、誰かになんか感じが違うね、と言われたり。


ブレスワークのリトリートでは、生徒が25‐30名くらいいるので、やはり自然とグループができてきます。なんとなく苦手な人とは遠いなあ、と思ってしまって、自然ともっと遠くなっていくのですが。。。


コスタリカでもそんな人がいました。


なんともいえず話しづらかったので、あいさつくらいしかしてなかったのですけれど。


最終日、みんなでフローリングの床に座ってご飯を食べ終わって談笑していると、その子がやってきて、


「ヒロコ、膝に座っていい?」と聞かれました。


え、膝かい?


とびっくりしたものの、ま、そこはOKということで、大人女子二人が何を思ったのか、二人羽織状態。(二人羽織ってわかりますか)


お互いの間にある何かが取れたのですね。


この手のことはたくさんあって、何をどういう風に手放せているのかわからないけれど、手放せて、手放した状態が普通の状態になっていくのだなあと思います。


自分を無理に押して状況を作るという必要がなくなってきます。


ブレスワークってつくづく不思議です。


ではまた近いうちにお会いするのを楽しみにしています。


アルーナクラリティブレスワーク



詳しくはこちらから

https://www.aluna.biz/