自分が持っているものを数えて

最終更新: 6月6日




先日久しぶりに過去世を見ようと思ってワークをしてみたのですが、その途中で子供の頃の記憶にアクセスしました。私が2歳くらいで、三輪車に乗っていて、父が見守っているという場面が出てきました。実はこれは写真で持っていて、白黒なのですけれど、ワークの中で白黒の写真が映像になって動きまわり、なかなか楽しかったです。そして次に5歳くらいの憶が出てきて、今度は母と弟と庭の柿の木を見ながらおやつを食べていました。

さて、なぜこの2つの記憶がでてきたのだろうとみていると両親のあふれんばかりの愛を感じる必要があったということに思い当たりました。大人になって成長の過程でいろいろなことに邪魔されて両親からどれだけ大切に育てられたのかという原点を忘れがちだったのかな、と。自分のことに忙しくなって忘れてしまったこと、記憶の奥に無意識に押し込んでしまった大切なこと、たくさんあるなと思います。

私はイギリスのエコビレッジのフィンドフォーンのメルマガを取っているのですが、ちょっと前に今自分が持っているものを数えて!というメッセージを受け取りました。自分がどれだけたくさんの豊かさに囲まれているのか、健康な体があって、両親もいて、家族もいて、友達もいて、家もあって等々本当にたくさんのものを持っているんですよね。

昔々東京で一人暮らしを始めた頃はお風呂が部屋になかったので!それだけでも大出世です。

もちろんセレブな人々と比べたらきりがないくらい何もないけれど、それでも自分なりでいいから持っているものを数え続けたいなあと思います。

4月5日(日)はブレスワークグループセッションをオンラインで行います。「からだの声を聞く」がテーマです。このテーマを決めたのはずいぶん前になりますが、今コロナの影響で不安を感じている人がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。人によって不安を体で感じる人もいれば心で感じる人もいます。今回は体に焦点を絞ってブレスワークを行っていきますが、体がエネルギーを蓄積することなく流していけるようになると、体につながっている心も楽になっていきます。

コロナに感染しないように注意しつつ、ブレスワークと瞑想で不要なエネルギーを手放していきましょう。

お会いするのを楽しみにしています。