• Hiro M

朝散歩していたら、子供時代の伏線を突然回収された話




街を歩いていてフラッシュバックのように記憶がよみがえることがあります。

今日がそんな日でした。


日に日に寒くなっていく朝、散歩をしながら、駅への道を急ぐ制服姿の学生を見ていて、若いなあ、いいなあ、私もあんなときあったのだなあ、と思って、ふと、思い出しだのです。


あれは小学生の高学年の頃か、中学の頃。

はっきり覚えていないのが残念ですが、

元気いっぱいで落ち着かなかった頃のことです。


ははは、もちろん私も落ち着かない子でした!


教室にいて休憩時間が終わり、

授業が始まっても、

ざわざわとして授業に集中するまでに時間がかかったのを

心配したのでしょうか。


先生が面白いことを提案したのです。


それは授業が始まって礼をするときに立ったまま目をつぶって心を落ち着けること。


1分間ほど、静かに呼吸に集中していると、すーっと気持ちが落ち着いてきて、

その後の授業が頭によく入りました。


画期的な取り組みだなあ、という思ったのを覚えていますが、

その後に続いたのがなんの授業だったのか全く忘れてしまいました!(^^)/


今、定期的にめい想をしている生活を送っていますが、

子供の頃にそんな伏線があったなんて思い出して「おー!」とつぶやきたくなります。


ドラマじゃないけど、立派に伏線回収しているじゃん。


今の人生って過去からコードのようにつながっていることがよくあります。

過去の出来事の積み重ねが今の生活になっているってことですね!


あなたにもそんな思いもしなかったことありませんか?


私たちって意外に予測可能な生き物なのかも。


でももし今を変えたいと思ったら変えることも可能だよね。

だって、未来にはたくさんの選択肢があって、私たちにはこれまでにない選択肢を選ぶことだってできるのだから。



ブレスワークで学びだけを残して違う未来を選んでみませんか。

定期的にブレスワークやっています。

スケジュールをチェックしてみてね!


https://www.aluna.biz/