ブレスワークの一日

最終更新: 2018年11月4日


スペインイビザ島 2


クラリティブレスワークのリトリートの一日はこんな感じです。


午前10時か、11時に集まって、まずダンス。準備運動みたいなもの?それからコンシャスダンス。コンシャスダンスは日本でやってるところがあるのかなあ。


私達はたとえば恐怖を覚えたりすると体がフリーズしてしまうことがありますよね。そこに感情も一緒にフリーズしてしまうので、意識的にムーブメントをする事でそれを取ろうとするもの。または、そのときの気持ちを体で表現することをいいます。


そのあとその日のテーマのマントラを歌の中で唱えます。私のお気に入りはラクシュミ。ラクシュミを象徴する豊かさっていいですよね。


それからはその日のテーマでいろいろですね。

インナーチャイルドだったり母だったり父だったり。ペアでワークしますが、ワークの終わりには涙が止まらないです。


最後にブレスワーク。一時間のブレスワークでは本当にたくさんの事柄をリリースする事ができます。


今回はスペインなので、参加者はヨーロッパからの人が多いのですが、人が抱える課題は万国共通なのだなと思います。


写真は海辺でのピクニック。日の入りを見ようと思っていたら、おしゃべりしていて見逃しました。


2018年12月16日にブレスワーク体験ワークショップを開催します。ぜひご参加ください。

詳しくはこちらから

https://www.aluna.biz/